観音供養塔について

十一面観世音菩薩供養塔 建立支援のお願い

十一面観世音菩薩とは、正面のお顔の上に十のお顔を持たれた観音様のことです。
十一面とは、八方(東・西・南・北・東北・東南・北西・南西)と、天地の二方を入れた十方、そして三世(現在・過去・未来)のことで、あらゆる時間空間に住する衆生を、常に大慈大悲のご真眼を以て観ておられます。
正面は慈悲の菩薩相、左面は忿怒相、右面は白牙相、後方は大笑の相と、衆生を済度する為に多様な表情をあらわし、あらゆる艱難辛苦をその人の機縁に応じて安楽へと転じ、ただひたすらに佛香成就へと導かれるのが十一面観音菩薩様です。
また、古来より戦争や飢饉、疫病を封じ、世の中を平安へと導く観音様として深く信仰され、古くは奈良時代から近代の今日まで1200年以上の歴史の中で、全国各地に建立されてきました。

そこで令和二年、年始よりコロナ肺炎はじめ世界各地で混乱の続く今年、是非とも国境を越え、宗教・文化・民族を超えて、広く世界から龍雲寺にお参りされる多くの方々が、自然に心を一つにして、世界人類の平和と、一人一人の真の平安を、いつでも誰でも気楽にお祈りさせて頂ける場として、また、隣接する「平和の鐘」を響かせ、平和の祈りを日日瞬瞬、朝夕問わず、より力強く発信し続ける尊い菩薩行を修行する勤行の場となる事を切に願い、建立を発願させて頂きました。
また、永代供養塔の役割も備えております。
ご供養を希望される方はお寺にご相談ください。


願わくば、十一面観音菩薩供養塔の建立意義を、心からご理解、ご賛同を頂き、成就を願う尊い信仰ある有志の皆様の積徳浄財のご支援を以て、建立させて頂くことを切に望んでおります。
この機会に、二、三百年以上先の後世の子孫に繋がる尊き佛縁を結び、ご当人、家門のみならず、広く世界の平和、生きとし生ける一切の存在の安寧を祈り、皆様と共に十一面観世音菩薩建立の大吉祥成就の縁日を迎えさせていただけましたら幸いです。

支援金額はいくらでも全ての寄付者の御芳名を、本堂の寄付額に記名させていただきます。
ただし、十万円以上の寄付者の方には、「十一面観世音菩薩建立記念石碑」に、施主名と祈願内容、供養者名等を、石碑に刻印させていただきます。

 

■寄付の振込先

ゆうちょ銀号(振込取扱票) ゆうちょ銀号(振込取扱票がない場合)
振替口座記号 01310-4 口座名 龍雲寺
振替口座番号 91701 記号 15350
番号 15321491

お問い合わせ・お申込みについて

お電話でお申込みしていただくか、下記お問い合わせフォームよりお申込みお願い致します。
こちらからご案内させていただきます。

電話番号:(0855)32-0960