龍雲寺について

龍雲寺は曹洞宗、山号は海藏山、本尊は釈迦如来。
1382年、三隅城城主 三隅信兼が無端祖環禅師を招いて開山し、三隅家代々の菩提寺として益田市内に創建したことから始まり、1441年に現在の場所に移ったと伝えられています。
龍雲寺の名に含まれる龍は、仏法を守護する八神(八部衆)の一つで、仏法を大衆に説く場所である本堂の天井には、江戸幕府絵師・木挽町狩野派7代目 狩野法眼惟信が描いた「八方睨の一疋大龍」が睨みを利かせています。

龍雲寺鳥瞰図
厳島神社縁起について
宝物について

 

住職 野原 眞承 Shinjo Nohara

1969年 岐阜県生まれ
1988年 トヨタ自動車入社
1995年 カンボジア支援活動(地雷撤去・農地開発)に従事
1996年 イスラエル等中東諸国巡礼
1999年 宝慶寺五十五世 田中真海老師の下得度
2011年 駒澤大学仏教学部禅学科卒業
2013年 米国Shao Shan Templeにて参禅指導
2014年 龍雲寺四十四世住職に就任

永平寺へ上山して出家を志し、龍雲寺の住職に就任し、仏道を御縁を頂く方々と共に学ばせて頂いております。