三十年来、行脚し来たれ… 只管打坐とは如何

熱い雲水時代の思い出
もう二十年以上前になりますが、私がイスラエルから帰国し、平成10 年に無一文で、大本山永平寺へ飛び込みで出家志願させて頂き、結果的にご縁あって福井県大野市宝慶寺で佛縁を賜り、雲水として毎日、只管坐禅に励んでいた頃のことです。
 ある時、NASAの宇宙ステーション開発に関わっておられたギリシャ系アメリカ人のコスタスさんが宝慶寺へ参禅に来られました。宇宙の勉強を徹底的にしていく内に、外の物理的なものとしての宇宙の探求に限界を感じ、己の内にある無限宇宙を探求する方が人生全てを懸けるに値するのではないか?と、ふと直感的に感じたことがあり、その瞬間を境に大方向転換をされ、日本に参禅に来たとのことでした。
 当時、弊師 田中真海老師のもと、毎日、三時半からの坐禅勤行と毎月の摂心(五日間程の朝から晩まで坐る集中的な坐禅会)がありました。
 私はそれがとにかく楽しくていつも喜々として5時間でも10時間でも坐禅していた為か、コスタスさんはいつも私と一緒に勤行に励み、お寺での生活を共に過ごすようになっていきました。
 ある日、そんな彼が私に「あなたにとって道元禅師の教えの中で一番大切なものは何ですか?」
と聞かれたので、迷わず「当下とうげ眼横がんのう鼻直びちょくなることを認得にんとくして人(他)にまんぜられず。便乃すなわ空手くうしゅにしてきょうかえる。」ですよ。永平広録の一説の御言葉で応えました。
 当然ながら「それはどういうことですか?」と問われたので、その時自分が感じているままを説明しました。
 当下とは過去でもなく、未来でもなく時間空間の入る余地の無い「今この瞬間」ということ、「眼横鼻直」とは禅定中に把握される位置的場所でもあり、また、陰陽の合一する場、そして、有限(形ある)の世界と無限(形無い)の世界の転換点でもあると感じています。
 それ故に、それを認得、体得したならば、いつ如何なる時も自分や他人の感情想念や事象変化の影響下にある境地ではなくなり、眞の自己本来の源へ還ることが出来るということだと理解しています。
 だから道元禅師は手(空手)に何も形ある経典や宝ものを一切もたなくても、私の在り方そのものが真理の現れなのだ、と言い得たのです。私達も本当は同じ現れなのだけれども己の想念が邪魔をしているので、只管打坐を通して本来の自己へ還る。それが佛道修行だと感じています。
 と答えました。
すると、コスタスさんが眼を輝かせて「その為にはどうしたら良いのですか?」というので
「私もですが三十年来、行脚し来たれ…ですよね(笑) まあ、あせらず一緒に三十年坐禅しましょう!」と答えました。
 そして、少しずつ立禅や、太極拳の稽古を通して丹田の存在とその重要性をお伝えしました。
私自身、丹田が活性化して禅定に入れる感覚が不思議で気持ちよくて仕方ない時期でした。
 いろいろなことを真剣に問われ、論議して下さったので、自分でも整理されとても有意義な時間でした。
 ただ、大切なことは丹田の活性化と増大が、そのまま単純に成長には繋がらないことを自覚し深く認識するのは意外と至難です。
放下著 傲慢さや執着を投げ捨てるはずが、自己では自己を否定しきれない矛盾に突き当たります
謙虚な人はその限界に気づき、師を求めますが、傲慢な人は師の必要性すら感じません。
 丹田をどんな質の想念で満たすかにより、修行すればするほど欲に落ちる場合もあるからです。
その為、道元禅師は功夫坐禅の前に参師聞法の重要性を説かれ、優れた正師に指導を仰ぎながらの修行を勧められ、もし、正師との縁がないなら修行しない方が幸いだとまで示されています。
 丹田が円満に充満した時、自然に眼横鼻直が認得される
しかし、形を求める意識、想念がいくら強力に丹田に集まってみても、それは成りません。
なぜか…
その前段階として、形を求めない意識、想念とは何か?
それを智慧として理解する必要があります。
そこに止と観の二法を謙虚に学ぶ必要性があるのです
只管打坐とは
それらを理解してから行ずるべきもので
闇雲に徹底するのは危険でもあります
なぜなら、形に基づく願望的意識や想念がより強大化すれば
自分も他人も、より大きくその影響を与えたり受けたりすることになるからです。
その原因、原理が解らぬままの無自覚な当事者は、愚痴や恐怖、疑いを深め、終いには怨み始めたりもします。 …これらのことは体験的に理解される方はきっとあると思います。
その為に私達はいつもいつも
只只、ひたすらに祈るのです。
真理の働きに委ねる
全託
祈りは想念や願いではありません
釈尊が弟子たちに慈悲の瞑想(祈り)を重視され
ダライ・ラマ法王もひたすら祈られる
道元禅師が佛のいえにすべてを投げいれなさいとおっしゃるのは
正にここにあると思います。
そして、菩提心、慈悲心で丹田を満たす
すると自然に無念無想の念が充満し
眼横鼻直を認得させてくださる
それが
只管打坐
現在の自分の実践的な理解です。
そんな話をコスタスさんが滞在中いつもしながら坐禅に励んでおりました。
そんな彼が、ある日
この先ひたすら坐禅修行するには何処が良いだろうか?
という話しになった時、いろいろと法友達とも相談しながら
言語的問題もあり、タイや、ミャンマーの僧院での修行を勧めました
そして、お互いに
「三十年来、行脚し来たれ!」(三十年坐禅修行してまた再会しましょう)
と言って別れました。
あれから二十数年、彼から連絡がありました。
ちょうどその時一緒におられた松浦さんも一緒に懐かしくお話しさせて頂きました。
現在は、ベトナムの僧院にいるとのこと
 そして、来日して是非、龍雲寺へ来たいとのことでした
さて、どんなご縁が開くかが今から楽しみです。
法友有難し。合掌
『永平広録』巻一
只是等閑見天童先師、當下認得眼横鼻直、不被人瞞、便乃空手還郷。所以一毫無佛法。
等閑なおざり天童てんどう先師せんしまみえて、当下とうげ眼横がんのう鼻直びちょくなることを認得にんとくして、ひとまんぜられず。
便乃すなわ空手くうしゅにしてきょうかえる。
所以ゆえ一毫いちごう仏法ぶっぽうし。